技術&ソリューション 地盤改良 原位置軽量土工法
原位置軽量土工法

発泡ビーズ混合軽量土工法

原位置軽量土工法説明図
発泡ビーズ混合軽量土工法

(財)土木研究センターホームページにて、詳しい資料が掲載されています。下のバナーをクリックしてください。

(財)土木研究センター

発泡ビーズ混合軽量土工法とは

土砂に超軽量な発泡ビーズ(EPS)を混合して、軽量化を図った土です。通常の土砂と比べて、地盤に与える荷重を軽減することができ、さらに通常の土に近い性状を持つため、軽量盛土から河川堤防まで、幅広い適応が可能です。

原位置軽量土工法

気泡混合軽量土工法

気泡混合軽量土工法

気泡混合軽量土工法とは

発生土に、水とセメント等の固形材を混合して流動化させたものに、気泡を混合して軽量化を測った土です。通常の土砂に比べて軽量なので、地盤などに与える荷重を軽減することができます。
また、流動性があるので、ポンプ圧送による施工を行うことができ、転圧が不要なため施工が容易です。
さらに泥土などの低品質な土も利用することができ、発生土のリサイクルに有効です。