技術&ソリューション 地盤改良 中層混合処理工法

V-MIXING工法

  • V-MIXING工法
  • V-MIXING工法
V-MIXING工法とは

V-MIXING工法とは

超軟弱地盤の表層部を固化処理する工法です。改良材(スラリー状)を処理船に圧送し、処理船に装着した幅の広いトレンチャーを所定の深度まで挿入後、水平方向に移動することで、連続的かつ効率的に改良を行います。

ラテナビウォール工法

最大改良深度10M
展開長 20~30M

ラテナビウォール工法

ラテナビウォール工法とは

原位置土と撹拌混合して造成した一次遮水壁にロール状に巻いた遮水シートを挿入し、横引きして二次遮水壁を構築するダブルバリア構造の工法です。遮水シートは設置長20~30mにでき、従来工法に比べて継手箇所数を減らせるため信頼性の高い遮水壁です。