社員紹介
~若手現場監督の立場~
[加藤建設に選んだ理由]
工種技術だけでなく自然にもしい土木

土木に携わる仕事に就きたくて、大学では土木工学を専攻していました。企業にはそれぞれ得意とする工種や保有技術があります。

就職活動を通していろいろな企業を知っていく中で加藤建設に出会いました。説明会等での話で、加藤建設は様々な工種の工事を行っているだけでなく、特許技術をはじめとする高い技術力を持っている会社だと知りました。

そして何よりもエコミーティングという「人と自然の共生」を目指した土木を推進しているという点にとても興味を抱き入社したいと感じるようになりました。

[仕事のやりがい]
地盤える仕事

地盤改良は構造物の基礎となる工事であるため、構造物が完成すると見えなくなることも多いですが、私たちの技術がその構造物を支えており、地震等の災害から人々の命を守っているという誇りを持って働いています。

地盤改良工事は同じ作業を繰り返しているように見えがちですが、現場ごとに土の種類や改良目的が異なるため、経験を積めば積むほど面白くなる奥が深い仕事です。

[今後の目標]
理想自分姿目指して

大学や研修で基礎を学んだつもりでしたが、実際の現場では初めての連続でした。わからないことはその都度、先輩方が教えてくださいますが、まずは自分で考えることを意識しています。

先輩だけでなく、作業員さんや協力会社の方からも学ぶことが多く、安全管理や出来高管理、進捗状況などはまずは目で見て学べるようどんなことでもメモをとることを心がけています。

自己成長していくのがとても楽しい仕事です。まだまだ一人前には程遠いですが、理想の将来像を目指して一歩ずつ成長していきたいですね。

[学生さんへメッセージ]
“自分のやりたいこと“つける

就職活動は自分を知るための良い機会です。周りに流されてなんとなく就職活動をしている学生さんも多いとかもしれません。まずは自分の「やりたいこと」「行きたい会社」を探しましょう。

自分の方向性を見つけられずに焦っている方は、様々な企業や業界へと視野を広げることで「やりたいこと」「行きたい会社」に出会えると思います。その会社の先輩社員の方に会って、話を聞いてみるのもいいと思います。

私で良ければいつでも相談に乗りますよ。是非、後悔のない就職活動を頑張ってください。

NEXT
社員紹介

TOP