エコミ―ティング活動(地域コミュニケーション)

学生さんと一緒にエコミーティング~!!

6月29日 今日はどこにいるかといいますと名古屋学芸大さんにおじゃましています。
何故かといいますといつもお世話になっている山田組の山田社長より、
大学の講義をお願いされたからなんです。
しかも、“環境デザイン論”という授業!!

正直、焦りました…、やったことないですから。
まずは“環境デザイン論”の勉強から…。
ふむふむ、どうやら環境デザイン論と加藤建設で実践しているエコミーティングは
共通点が多いことに気が付きました。

ということで、学生さんと一緒にエコミーティングを実践してみよう!!
というプログラムにしてみました。

最初に建設業の役割とエコミーティングの概要について説明です。


その中で、
環境デザインは土木の世界とも密接な関係があるんです。
それは地域の人に様々な情報を伝えることです。
地域にあったデザインが必要になってくるんです。
その手法の一つがエコミーティング!!
事例はこんな感じです。

って感じで進めました。

その後は、
現場の情報を提示&細かい条件を説明して、
皆ならどんなデザインを考えますか?グループに分かれて考えてみよう~!!
ということで6組のクループに分かれてケーススタディーに突入。



突然のフリに、学生の皆さん、最初はあたふたしてましたが、
与えられた時間は20分間。
何とかしないと!! ということで、ちゃんと一生懸命考えてくれてましたよ。

色々と質問してくれた学生さんもいましたし、真剣に考えてくれている様子は
とても新鮮でもありました。


皆さんの努力の結晶がこちら




短時間ですが、とてもたくさんのアイデアが出ました。
中には面白いアイデアや自分達では考えられないアイデアなど、
学生さんって、すごいなぁ~と感心しましたよ。

出たアイデアは、グループの代表の方に説明してもらいましたよ。
ちゃんと発表してもらうことは大事です。

ただ、最後の方は時間の関係でできなくてごめんなさいでした。

発表の後に、実際の現場の写真をお見せしたのですが、
自分達のアイデアが形になっているグループもかなりあったので
土木とデザインって関係あるんだって思ってもらえればうれしいかな。

これからもエコミーティングの活動を幅広く普及・啓発するように頑張りたいと思います。